投稿

日本ECMOnet 人工呼吸・ECMO講習会にインスト参加しました

イメージ
こんにちは、佐々木です。

この度、8月2日に新潟で開催された日本ECMOnet主催の人工呼吸・ECMO講習会にインストラクターとして参加してきましたのでご報告します。
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2020年2月に日本ECMOnetが発足されました。これは集中治療領域の先生方が中心となり、新型コロナウイルス肺炎の重症例の治療相談や治療参加・搬送を行い少しでも多くの患者さんを救命すべく活動する有志の団体です。

現在ECMOnetは各都道府県単位で人工呼吸・ECMO講習会を行っており、私は今回の新潟コースにインストラクターの一人として参加しました。循環器内科医である私は新型コロナウイルス重症肺炎患者さんへの診療に直接的に関わる機会は多くはないですが、当科は日々心臓をサポートするV-A ECMOを用いた診療を行っており導入や回路の扱いには慣れているためです。また、2017年から2018年にかけてイギリスのハイボリュームECMOセンターであるRoyal Papworth病院にてECMO留学をしており、平時から当院のECMOプロジェクトチームに関わらせて頂いています。

講習の内容としては午前中は主に座学を行い、午後はECMOの実機を用いてのシミュレーションをハンズオン形式で行います。実習は症例ベースのシナリオ形式で進行し、臨場感を持たせるよう努めています。

1日コースであり、濃密な内容のコースでしたが参加者の皆さんはとても集中して講習を受けておりました。

私は以前に先述のRoyal Papworth病院主催のECMOコースに参加した事があり、日本でのECMO修学コースの必要性を感じておりました。新型コロナウイルス流行という喜ばしくないきっかけではありますが、この様なコース開設はとても良い流れだと思います。コロナ収束後にも是非継続すべきです。

今回のインスト参加は私自身の知識整理にもなり、大変有意義でした。

ECMOカンファレンス

イメージ
こんにちは、佐々木です。 当院ではECMOサービスを提供しており、当科は特に心臓を補助するV-A ECMOによる治療を行なっております。ECMO治療は特に高度な集中治療の一つであり、適切な運用には医師や看護師のみならず臨床工学技士、薬剤師、リハビリ、栄養士など様々な職種が関与するまさにチーム医療が必要となります。 助けられる患者さんも居れば残念ながら亡くなる患者さんも居り、日々より良いECMOの使用を模索しております。その一環として昨年から当院では海外のECMOセンターに倣い多職種ECMOカンファレンスを行なっております。これまで我々が治療したECMO患者さんを全例振り返り、問題点や改善点を洗い出すのが目的です。昨日も救急科・集中治療科と合同で多職種カンファレンスを行い、皆で意見交換を行いました。今回は三密を避けるべくいつもより大きな会場を用意し、WEBカンファレンス方式をとり院外のスタッフにもカンファレンスへの参加をしてもらいました(患者さんの個人情報には十分な配慮を行なっております)。建設的な議論が出来、良いカンファレンスであったと思います。今後もより良い医療を患者さんに提供するべく努力します。

互いの距離をとりつつのカンファレンスの様子。

偶発性低体温患者へのECPR

こんにちは、佐々木です。2019年度から当科は多忙を極め、かなり久しぶりの投稿となってしまいました。 今年度こそblogの更新も頑張りたいものですが、新型コロナの為軒並み学会や研究会は延期・中止となっておりネタが乏しい状況です。 個人的には特にV-A ECMOに興味があるのでECMOにまつわる文献の紹介を自己の備忘録も兼ねてやって行ければと思います(続くか不明ですが)。 ECMOのごく簡単な説明は こちらの記事をご覧下さい。 2020年5月のLancetにpublishされたスペインからの症例報告 “Full neurological recovery 6 h after cardiac arrest due to accidental hypothermia” 34歳女性、トレッキング中に卒倒し心肺停止で搬送。初期評価時点で鼓膜温18度、asystole波形を認め、接触から約2.5時間後にE-CPRとしてECMO導入。 ECMOを用いて復温が為され、6時間後に自己心拍再開し、なんと2日後には意識が完全回復。 適応の判断が難しいECMOによる心肺蘇生ですが、偶発性低体温の若年患者には少し大きめに適応させても良いのかもしれません。

OCT Workshop in Kusakabeに参加しました。

イメージ
こんにちは、佐々木です。

一昨日に"OCT Workshop in Kusakabe Shuwa General Hospital" に参加しましたのでご報告致します。


狭心症など虚血性心疾患のカテーテル治療(PCI)を行うに際して冠動脈に留置するステントや拡張するバルーンのサイズや部位を決定する方法は複数あります。

一つは昔ながらの血管造影をみて決める方法で、術者の経験や勘に大きく左右されます。利点としては特に道具を用いないため時短となりコストもかかりません。
二つ目は"IVUS"と呼ばれる血管内超音波カテーテルを用いた方法で、描写された血管の輪切りの画像からステントなどを決める方法です。これは現在広く用いられており、既存の治療と比べて再狭窄などを防ぎ治療後の予後を改善したという報告が数多くあります。

上記の"OCT"は三つ目の手段であり、光干渉断層法と呼ばれます。なんだか難しい名前ですが、IVUSの超音波の代わりに近赤外線を用いて血管を描写する比較的新しい道具です。
特徴はIVUSより精密かつ正確な画像を描出出来る点です。

参考画像: 左がOCT、右がIVUS (ACC HPより引用)
当院では現在IVUSが頻用され、OCTは使用しますがまだまだ割合は低いものとなっております。幾つか理由が有りますが、手技や読影にまだ慣れてない事や検査に用いる造影剤が増えやすい事などが有ります。

今回参加させて頂いた研修ではOCTを日常的に使用している先生から1日かけて読影方法、造影剤量を抑えるコツなどを教えて頂きました。実際に治療を行う様子をカテーテル室で拝見し、大変勉強になりました。特に造影剤を抑える方法は思っていたよりも簡便かつ有効であり、次回OCTを使用する際には是非活用したいと考えました。

明日からの日常臨床に活かし、患者さんに還元出来たらと思います。
一日指導して下さった秀和総合病院の後藤先生、帝京大学の山本先生、どうもありがとうございました。
美しい秀和総合病院のロビー、現代美術館の様な建物で静かでした。


『08th Euro-ELSO 2019 in Barcelona』に参加しました。

イメージ
『08th Euro-ELSO 2019 in Barcelona』に参加しました。

皆様、初めまして。心臓血管内科の佐々木です。この度4月にスペインはバルセロナで行われた欧州ECMO学会(EuroELSO)に参加しましたのでご報告します。
ECMO(エクモ)とは心臓や肺が弱った患者さんのサポートをする人工臓器で、心臓を補助するV-A ECMOと肺を補助するV-V ECMOに主に分けられます。EuroELSOはECMOの学会として最大規模であり、欧州のみでなくアジアや米国からの参加者も多く活気があります。
当院の救急科・集中治療科の先生方も時折参加していますが、 https://drheli-gunma.blogspot.com/2013/06/euro-elso-in-stockholm.html https://drheli-gunma.blogspot.com/2017/05/6th-euroelso-2017-in-maastrichtvol1.html
今回当院からの参加者は私一人でした。。。留学経験はあるものの今回が国際学会デビューであり、緊張しながら単身学会場へ臨みました。
学会場正面
学会場目の前にあるマジカ噴水 V-A ECMOやV-V ECMO、成人や小児などテーマは分かれており、私は成人の心臓に関わる発表を中心に聞いていました。ECMOと他の循環補助装置となるIABPやImpella、Tandem Heartなどとの組み合わせ・比較に関する発表や、他国における心停止患者さんへのECMOを用いたE-CPRなどに関するセッションが特に興味深いものでした。例えばフランスのパリにおいては院外心停止患者に対してPre-hospitalでECMOをその場(地下鉄構内や美術館など)で導入したりします(初めて知った時は驚愕しました)。
私は2日目に「当院における急性心筋炎に対するV-A ECMO経験」に関するポスター発表をしてきました。 デジタルポスターのため身軽に学会場へ向かえました
当初口頭発表はなく質疑応答のみと事前に連絡されていましたが、いざセッションが始まるとなんと口頭発表をする流れに。。。想定外のことに慌てましたが、何とか聴衆の方には私の拙い英語は通じているようでした。ポスターセッションの間は聴衆はワインやビールを片手に聴くなど日本の学会に比べてゆるーい雰…

お誕生会!

イメージ
またまたご無沙汰しています。 心臓血管内科の庭前です。
先週末、小暮先生と坂井先生の合同お誕生会を行いました! いくつになったのかは、本人に直接お訊きくださいませ。 緊急カテも重なり、小暮先生のみの写真となりましたが、坂井先生はカテ後にケーキにありつけましたよ〜。 みんなでこうやってお祝いするのも楽しいものです。 我が科にはスイーツ好きなメンバーが何人かいますが、さて誰でしょうか?

“失神を科学する”

イメージ
皆さんこんにちは!
1月28日に群馬大学医学部で、失神についての研究会があり、当科の今井先生と庭前が参加しました。
今井先生が失神についての講演を行い、その後群馬大学の総合診療部と救急部、循環器内科の先生方と一緒に有意義なディスカッションを行いました。
失神は軽症から重症まで様々で原因も多彩ですが、予後不良例を見逃さないことが大切です。
当院は県内唯一の失神センターを立ち上げ、積極的に診断治療にあたっております!



私の大学の同期である、総合診療部の佐藤浩子先生、お誘いいただき有り難うございました。