投稿

明けました

イメージ
新年になりだいぶ経過してしまいましたが、皆様、明けましておめでとうございます!
心臓血管内科の庭前です。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます(^ ^)ノ

先週、久々に女性だけのカテ室でした。
医師は私と今井先生、看護師さん、放射線技師さん、MEさん、そして患者さんまで全て女性でした。
当院のカテ室創設から5回目(確か?)ですが、ここ1年以上なかったので久しぶりでした。
ちょっと記念にパチリ!
最近は全ての職種で男性も女性もいるので、もしかしたら男性のみのカテ室もあるかもしれませんね〜。
その時はまたアップしますね〜!!

年末

イメージ
皆さん、今晩は!
今年もあと1日になってしまいましたね〜。
たまーにしか更新できませんでしたが、来年はもう少しマメに頑張ります。

おととい、当科の忘年会でした。
みんなで仮装して集まり、だいぶ盛り上がりました。
誰だかわからない人もいますね〜!!
当ててみて下さいね!
この年末は寒いので重症の救急患者さんが多く、当科は忙しい日々を送っております。
皆様もご自愛下さいませ。
また来年も宜しくお願い申し上げます(^^)

先週末のイベント

イメージ
皆さん、今晩は。
前橋赤十字病院 心臓血管内科の庭前です。
すでに1週間前のネタですが、先週末はイベントが盛り沢山でした!
8日ですが、当院で開催したJMECCに当科の丹下先生と庭前がインストラクターとして参加しました。

JMECCとはJapanese Medical Emergency Care Course の略で、日本内科学会が実施している『日本内科学会認定内科救急・ICLS講習会』のことです。
内科医師の基本的素養として幅広い知識を要する救急疾患に対して、迅速に対応できる能力を習得することが出来ます。
今回は藤岡総合病院の神戸先生をコースディレクターとしてお招きし、丹下先生と庭前の他に群馬大学附属病院の救急科 澤田先生、血液内科 内藤先生にも指導者側としてご協力戴き開催にこぎつけました。
受講生は当院の研修医の先生4人と他院の研修医の先生2人でした。
シナリオ毎に活発なディスカッションもでき、とても有意義な講習になったと思います。
受講生の皆さま、ご協力戴いたインストラクターおよび事務の方々、どうも有り難うございました。

それ以外に、8日は日本内科学会の地方会、日本循環器学会の地方会がありました。
内科学会の地方会には、当院の研修医 吉原先生が発表しました。
今井先生が共同演者としてついて行ってくれました。

また、循環器学会の地方会には、研修医の津久井先生と当科の工藤先生が発表しました。
それぞれ今井先生と小暮先生、共同演者として参加しました。


どれも会場から質問やコメントを戴き、とても良い発表になりました。
これをもとに、日々の患者さんの診療に生かしていけると良いですね〜。
皆さま、大変お疲れ様でした。

ACLS

イメージ
皆さま、またまたご無沙汰していました!
庭前です。
ちょっと前になってしまいますが、先々週末に当院内で行われた群馬トレーニングサイト主催のACLSコースにインストラクターとして参加致しました。
写真は一緒に参加したインストラクターの方々です。
お世話になり、どうも有り難うございました(*´ー`*)

心肺蘇生法は、一次救命処置と二次救命処置に分かれるのですが、ACLSはアメリカ心臓協会が提唱している二次救命処置です。
Advanced Cardiovascular Life Supportの略で、大まかにいうと病院などの医療機関における心肺蘇生法です。
2000年にガイドラインが出されてから5年ごとに改定されており、現在はガイドライン2015に則ってコースを行っております。
救急外来に搬送された心肺停止の患者さんをみるとき、また院内で急変した患者さんをみるときなどを想定して、初期対応を学ぶコースです。
徐脈や頻脈などの不整脈の対応についても学べます。
インストラクターは、受講者の皆さまがしっかりと学べるように、お手伝いさせていただいております。
県外から来ているインストラクターもいます。
土日のお休みの日を使って、一人でも多くの人を助けるために、地道な活動を行っているわけですね〜。
毎回出られているコアメンバーの方々には頭が下がります。
私はちょっと久々の参加になってしまいましたが、今回も沢山のことを学ばせていただきました。
また、次回も参加したいと思います。
受講希望の方々、ぜひ群馬トレーニングサイトのコースにお申し込み下さい!

学会に参加しました!

イメージ
皆さん、今晩は! ご無沙汰してしまい、すみません。 次回は別のスタッフで、と言いながら、またまた庭前ですが、お付き合いください♪ 昨日はTokyo Live Demonstration2018、今日は第53回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会でした。 簡単にいうと、血管治療の学会です。 写真は、当院副院長で当科部長の丹下先生と、私、真ん中は本日2演題発表した小暮先生です。 うちの科の上3人なのですが、この3人で学会に出て来たのは、実はこれが初めてです。 中堅の先生たちが成長してくれて、任せてこれたので実現しました!! 有り難うございま〜す!



小暮先生の発表はどちらも下肢の動脈治療についてで、かなりマニアックな(笑)内容でしたが、白熱した意見が飛び交いました! 下肢の治療は最近新しい道具や方法がどんどん出て来て、かなり熱い分野です。 小暮先生が最も得意とする分野で、頑張っています!!
昨日はライブで庭前がコメンテーターを務めさせていただきました。 なかなか悩ましい症例が多く、どこでもみんな悩みながら治療しているんだなあ、と実感しました。 色々な考え方があり、勉強になりました! 隣で一緒に写っているのは、以前当院で働いていた小林先生です。 久々の再会でした!!
済生会前橋病院のツッチ〜こと土屋先生と、一緒にパシャ!!
以前、群馬大学附属病院で一緒にお仕事したことがある先生です。
ひとしきり楽しいお話で盛り上がりました♪

とても充実した二日間となりました。
学会で学んだことを実臨床に生かせるよう、また明日から頑張っていきま〜す( ´∀`)

群馬PUSH指導者養成講習会

イメージ
みなさん、こんにちは。
庭前です。
ご無沙汰していましたm(_ _)m
9月24日に第11回群馬PUSH指導者養成講習を開催しました。
また新しく16人の方々がこれから一緒に活動してくれることになりました。
PUSHプロジェクトは大阪ライフサポート協会で始まったもので、胸骨圧迫とAEDを用いた誰でもできる心肺蘇生の普及を通じて、突然倒れた方を救命できる地域づくりを目指しています。
その活動に賛同し、群馬で出来た団体が群馬PUSHです。
活動を始めて5年半位になります。
僭越ながら庭前が代表を務めさせて戴いております。
もしご興味のある方は、一緒に活動しませんか?

このブログは現在庭前が発信していますが、今後は当科10人の全スタッフで行なっていく予定です。
次回、誰になるかお楽しみに〜♪( ´θ`)ノ

お誕生会

イメージ
先週末、当科の内田先生と工藤先生の合同お誕生会を行いました!
正確な日にちと歳は、本人達に直接きいて下さいね(^ ^)
フルーツケーキを食べながらお祝いしました。
みんなでお祝い、家族みたいで良いもんですね〜!!