投稿

OCT Workshop in Kusakabeに参加しました。

イメージ
こんにちは、佐々木です。

一昨日に"OCT Workshop in Kusakabe Shuwa General Hospital" に参加しましたのでご報告致します。


狭心症など虚血性心疾患のカテーテル治療(PCI)を行うに際して冠動脈に留置するステントや拡張するバルーンのサイズや部位を決定する方法は複数あります。

一つは昔ながらの血管造影をみて決める方法で、術者の経験や勘に大きく左右されます。利点としては特に道具を用いないため時短となりコストもかかりません。
二つ目は"IVUS"と呼ばれる血管内超音波カテーテルを用いた方法で、描写された血管の輪切りの画像からステントなどを決める方法です。これは現在広く用いられており、既存の治療と比べて再狭窄などを防ぎ治療後の予後を改善したという報告が数多くあります。

上記の"OCT"は三つ目の手段であり、光干渉断層法と呼ばれます。なんだか難しい名前ですが、IVUSの超音波の代わりに近赤外線を用いて血管を描写する比較的新しい道具です。
特徴はIVUSより精密かつ正確な画像を描出出来る点です。

参考画像: 左がOCT、右がIVUS (ACC HPより引用)
当院では現在IVUSが頻用され、OCTは使用しますがまだまだ割合は低いものとなっております。幾つか理由が有りますが、手技や読影にまだ慣れてない事や検査に用いる造影剤が増えやすい事などが有ります。

今回参加させて頂いた研修ではOCTを日常的に使用している先生から1日かけて読影方法、造影剤量を抑えるコツなどを教えて頂きました。実際に治療を行う様子をカテーテル室で拝見し、大変勉強になりました。特に造影剤を抑える方法は思っていたよりも簡便かつ有効であり、次回OCTを使用する際には是非活用したいと考えました。

明日からの日常臨床に活かし、患者さんに還元出来たらと思います。
一日指導して下さった秀和総合病院の後藤先生、帝京大学の山本先生、どうもありがとうございました。
美しい秀和総合病院のロビー、現代美術館の様な建物で静かでした。


『08th Euro-ELSO 2019 in Barcelona』に参加しました。

イメージ
『08th Euro-ELSO 2019 in Barcelona』に参加しました。

皆様、初めまして。心臓血管内科の佐々木です。この度4月にスペインはバルセロナで行われた欧州ECMO学会(EuroELSO)に参加しましたのでご報告します。
ECMO(エクモ)とは心臓や肺が弱った患者さんのサポートをする人工臓器で、心臓を補助するV-A ECMOと肺を補助するV-V ECMOに主に分けられます。EuroELSOはECMOの学会として最大規模であり、欧州のみでなくアジアや米国からの参加者も多く活気があります。
当院の救急科・集中治療科の先生方も時折参加していますが、 https://drheli-gunma.blogspot.com/2013/06/euro-elso-in-stockholm.html https://drheli-gunma.blogspot.com/2017/05/6th-euroelso-2017-in-maastrichtvol1.html
今回当院からの参加者は私一人でした。。。留学経験はあるものの今回が国際学会デビューであり、緊張しながら単身学会場へ臨みました。
学会場正面
学会場目の前にあるマジカ噴水 V-A ECMOやV-V ECMO、成人や小児などテーマは分かれており、私は成人の心臓に関わる発表を中心に聞いていました。ECMOと他の循環補助装置となるIABPやImpella、Tandem Heartなどとの組み合わせ・比較に関する発表や、他国における心停止患者さんへのECMOを用いたE-CPRなどに関するセッションが特に興味深いものでした。例えばフランスのパリにおいては院外心停止患者に対してPre-hospitalでECMOをその場(地下鉄構内や美術館など)で導入したりします(初めて知った時は驚愕しました)。
私は2日目に「当院における急性心筋炎に対するV-A ECMO経験」に関するポスター発表をしてきました。 デジタルポスターのため身軽に学会場へ向かえました
当初口頭発表はなく質疑応答のみと事前に連絡されていましたが、いざセッションが始まるとなんと口頭発表をする流れに。。。想定外のことに慌てましたが、何とか聴衆の方には私の拙い英語は通じているようでした。ポスターセッションの間は聴衆はワインやビールを片手に聴くなど日本の学会に比べてゆるーい雰…

お誕生会!

イメージ
またまたご無沙汰しています。 心臓血管内科の庭前です。
先週末、小暮先生と坂井先生の合同お誕生会を行いました! いくつになったのかは、本人に直接お訊きくださいませ。 緊急カテも重なり、小暮先生のみの写真となりましたが、坂井先生はカテ後にケーキにありつけましたよ〜。 みんなでこうやってお祝いするのも楽しいものです。 我が科にはスイーツ好きなメンバーが何人かいますが、さて誰でしょうか?

“失神を科学する”

イメージ
皆さんこんにちは!
1月28日に群馬大学医学部で、失神についての研究会があり、当科の今井先生と庭前が参加しました。
今井先生が失神についての講演を行い、その後群馬大学の総合診療部と救急部、循環器内科の先生方と一緒に有意義なディスカッションを行いました。
失神は軽症から重症まで様々で原因も多彩ですが、予後不良例を見逃さないことが大切です。
当院は県内唯一の失神センターを立ち上げ、積極的に診断治療にあたっております!



私の大学の同期である、総合診療部の佐藤浩子先生、お誘いいただき有り難うございました。

明けました

イメージ
新年になりだいぶ経過してしまいましたが、皆様、明けましておめでとうございます!
心臓血管内科の庭前です。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます(^ ^)ノ

先週、久々に女性だけのカテ室でした。
医師は私と今井先生、看護師さん、放射線技師さん、MEさん、そして患者さんまで全て女性でした。
当院のカテ室創設から5回目(確か?)ですが、ここ1年以上なかったので久しぶりでした。
ちょっと記念にパチリ!
最近は全ての職種で男性も女性もいるので、もしかしたら男性のみのカテ室もあるかもしれませんね〜。
その時はまたアップしますね〜!!

年末

イメージ
皆さん、今晩は!
今年もあと1日になってしまいましたね〜。
たまーにしか更新できませんでしたが、来年はもう少しマメに頑張ります。

おととい、当科の忘年会でした。
みんなで仮装して集まり、だいぶ盛り上がりました。
誰だかわからない人もいますね〜!!
当ててみて下さいね!
この年末は寒いので重症の救急患者さんが多く、当科は忙しい日々を送っております。
皆様もご自愛下さいませ。
また来年も宜しくお願い申し上げます(^^)

先週末のイベント

イメージ
皆さん、今晩は。
前橋赤十字病院 心臓血管内科の庭前です。
すでに1週間前のネタですが、先週末はイベントが盛り沢山でした!
8日ですが、当院で開催したJMECCに当科の丹下先生と庭前がインストラクターとして参加しました。

JMECCとはJapanese Medical Emergency Care Course の略で、日本内科学会が実施している『日本内科学会認定内科救急・ICLS講習会』のことです。
内科医師の基本的素養として幅広い知識を要する救急疾患に対して、迅速に対応できる能力を習得することが出来ます。
今回は藤岡総合病院の神戸先生をコースディレクターとしてお招きし、丹下先生と庭前の他に群馬大学附属病院の救急科 澤田先生、血液内科 内藤先生にも指導者側としてご協力戴き開催にこぎつけました。
受講生は当院の研修医の先生4人と他院の研修医の先生2人でした。
シナリオ毎に活発なディスカッションもでき、とても有意義な講習になったと思います。
受講生の皆さま、ご協力戴いたインストラクターおよび事務の方々、どうも有り難うございました。

それ以外に、8日は日本内科学会の地方会、日本循環器学会の地方会がありました。
内科学会の地方会には、当院の研修医 吉原先生が発表しました。
今井先生が共同演者としてついて行ってくれました。

また、循環器学会の地方会には、研修医の津久井先生と当科の工藤先生が発表しました。
それぞれ今井先生と小暮先生、共同演者として参加しました。


どれも会場から質問やコメントを戴き、とても良い発表になりました。
これをもとに、日々の患者さんの診療に生かしていけると良いですね〜。
皆さま、大変お疲れ様でした。